活力ある農村づくりを支援します

目的

 地域の創意工夫や主体性に基づく、地産地消の推進、地元農産物の付加価値の向上、農村環境の保全などの取組を助長し、活力ある農村づくりを進めることを目的とします。

助成対象者

目的に掲げる取組を行う道内の団体、グループとします。

助成対象事業

(1)地産地消の推進に関する事業
(2) 地元農産物の付加価値向上に関する事業
(3) 植林や植栽など農村環境の保全に関する事業
(4) (1)〜(3)に掲げるもの以外で農村の活性化に資する事業

過去の実施報告はこちら

助成の限度額

原則として必要経費が100千円までは全額、100千円を超えた場合は越えた分の1/2を加算し、200千円を限度に助成します。

助成金の申請

助成金を受けようとする場合は当該年の11月末までに、別記1の「助成申請書及び副票」を理事長あてに提出してください。

助成申請書(別記 1)(PDF 113KB)
助成申請書(別記 1)(DOC 35KB) ワード

助成申請書(副票)(PDF 35KB)
助成申請書(副票)(DOC 45KB) ワード

助成金の交付決定

助成の申請があった案件については、財団内にて審査の上、助成の可否を決定します。
なお、助成の可否については、文書で申請者に通知します。

助成金の支払い

助成の対象となる事業を終了した場合は、別記2「事業完了届及び副票」を理事長あてに提出してください。 この際、支出内容を示す書類(領収書写し・写真及び振込口座 等)を添付してください。
事業が適切実施されたと判断された場合は、助成金を指定された口座に振り込みます。

事業完了届(別記 1)(PDF 116KB)
事業完了届(別記 1)(DOC 36KB) ワード

事業完了届(副票)(PDF 35KB)
事業完了届(副票)(DOC 44KB) ワード

その他

(1)同一団体への助成は、原則として3年間を限度に認めることとします。
(2)この要綱に定めるもの以外に必要な事項にあっては別途定めます。